今後も防犯カメラに期待したい

この頃防犯カメラが街のあちこちだけでなく各家庭でも多く見られるようになってきました。
私は基本的に防犯カメラに対しては賛成派です。

防犯カメラの普及によって事件や事故が早期に解決されるようになっただけでなく、未然の防止にもつながっていって私たちの生活が守られているように感じるからです。
もっともっと普及して欲しいとさえ思います。

我が家もつい3ヶ月前に玄関に防犯カメラを設置しました。
というのも半年ほど前から我が家の周辺で空き巣、車上荒らしの被害が多発して、今でも続いているからです。
家族がそれぞれ外出の時間が多く誰もいない時間が多い我が家にとってもこれは人事ではない自体だと思い、最初はセキュリティー会社にお願いしようかとも思いました。
ところがセキュリティー会社は値段が高い割には何かあった時の到着時間が遅かったりトラブルが多かったりするという友人からの口コミを聞き、とりあえず防犯カメラを設置してみようかということになったのです。
現在の防犯カメラの解像度ってすごいんですね!まるでビデオの映像のような画像に感動しました。
防犯カメラを付けるとすぐに、迷惑なポスティングチラシがほとんどなくなり非常に助かっています。

防犯上も非常に有効的な手段だと思いますので多くの方に薦めていきたいなと思うこの頃です。

中国の隠しカメラ事情

私は数か月前まで、中国の地方都市に仕事で赴任していました。
仕事柄、電子部品関係の市場、販売店に買い物に行ったり、市場調査的に価格を調べるために月に2、3回は顔を出してました。
そんな中、仕事的には全く関係ありませんでしたが、よく目に付いたのが、小型カメラでした。
よほどニーズがあるらしく、どこの市場に行っても見かけました。

面白かったのは、ぱっと見はカメラと分からないものもあり、私の目を楽しませてくれました、例で言うと、車のロック開閉リモコンに似せた小型カメラ、開閉ボタンがそのまま、録画、停止ボタンになってました。
あとは、ペン型カメラ、ちょうどYシャツのポケットに刺すとカメラのアングルがちょうど目線と同じ様になるように角度調整されておりましたので、会議等の録画に最適化してあるようでした。
傑作だったのは、小型ではありませんでしたが、置き時計型カメラ、どう見ても普通の置き時計でしたが、12時の位置辺りに穴が開いており、そこに小型カメラが仕込んであります。
また、時計自体は電池ではなくコンセントから電源を取るタイプになっており、ここが重要だったのですが、実はネットワークに接続できるようになっており、ネットから常時そのカメラの画像を確認することができるようになってました。
日本のネットショップでも隠しカメラが販売されていますので、興味のある方は見てみてください。

ということで、小型カメラ面白かったですよ。